お腹もいっぱい、お金も節約

お腹もいっぱい、お金も節約 飲食・外食
スポンサーリンク

お腹もいっぱい節約とは?

もともと電気はこまめに消すし、お水も止めながらお皿を洗う。

 

お風呂はシャワーだし、外食もめったにしない。

 

生活が派手な方ではないので、節約できる局面が日々の食費くらいでした。

でも空腹でひもじい思いまでしたくはなく、お腹いっぱい食べたい。

 

ちゃんと味も食事の時間も楽しみたい。

そこで目をつけたのがお豆腐です。

 

しっかりした量なのにお米ひとパックを買うより格段に安い。

主食をお豆腐にする日を増やし、お米を食べる回数を減らしました。

お腹もいっぱい節約で月にいくらくらいの節約になったか?

お米パックだとひとパック安くて100円なのが、お豆腐だと50円。
単純計算で半分(月3000円が月1500円)節約になる。

お腹もいっぱい節約術をやって良かった点、悪かった点

良かった点:

まずは経費の削減になること。

副産物として、食事がヘルシーになったことで、自然とダイエットになっていたこと。

心なしか、お通じも良くなった気がしています。

 

また、寒い日は余った豆腐メインの余り物野菜のお味噌汁を作ったり、豆腐メインのキムチ鍋にしたり。

 

暑い日は簡単に冷奴にしたり、冷奴の味付けを変えることが楽しくなったりと、料理のレパートリーが増えました。

 

和食を作るのは難しいイメージでしたが、今ではお豆腐を使った和食が作れるようになった。

悪かった点:

悪かった点は特に思い当たりませんが、あえていうならば、お米と違い日持ちがしないので、こまめに買い物に行かなくてはならないことでしょうか。

 

あと、冷蔵庫が小さい方は、お豆腐4つくらいでも割と場所を取られるということかな。

 

お腹もいっぱい節約術を続けるためのコツやこれから始める方へのアドバイス

 

あくまで、「我慢してやるのではなく、楽しんでできる範囲でやる」ことかと思います。

 

お豆腐に飽きたら、たまには白米を食べても良いし、その白米を食べて息抜きすることで、またお豆腐の美味しさを再確認できて楽しくなります。

 

木綿豆腐は水切りするとしっかりした歯応えも味わえて、味付けを濃いめにするとお肉のような食感を感じられます。

 

私は自分で発見したり、挑戦してみることが楽しかったです。

 

食感や調理法の工夫を「楽しんでできること」が、節約術を長く続けられることに繋がると思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました