子供の成長

リフォームは、そこだけ修理には持ってこいの方法です。
ただし、一か所が新しくなると、他の古さや不便さが目立つこともあります。
安く入手した住宅で、あちこち手を入れて住みやすくしましたという方は多いですが、それに費用はいくらかかったか、建て替えをした方が良かったということもあります。

中古住宅を入手するときに、リフォームも考えて購入した時に、住んでみるとなおしたいところばかりだったということも少なくないのですが、それが予算範囲内であれば問題はありません。
しかし、あちこち直したいと言った時には、安易に中古住宅とリフォームと考えないほうが良いでしょう。

そして、格安住宅の場合は、壊す費用も考えて建て替えの考え方もあります。
これはもったいない選択と言うべきことと思われるかもしれません。
ところが、ライフスタイルによっては、中古住宅の賢い買い方と言えます。

例えば、新婚だったり子供が小さいと想定すると、子供には野性的な子育てをしたいと考えた場合、格安住宅であまり手を加えずに、思いっきり自由に住まわしたとします。
そして、子供の成長とともに、その後の生活環境の変化を念頭に置いて、リフォームなり建て替えというのは一つの案です。

行動的なヤンチャな子供が成長することで、キレイな家にしたい、もしくは子供が進学をしてすまなくなるといった場合、夫婦だけの小さな家にしたい、その時に購入した格安住宅はかなり古くなっているといった時には、思い切った建て替えが最適な選択といえるでしょう。

Copyright © 2014 家族構成と建て替え All Rights Reserved.